皮膚科や美容外科での医療脱毛が断然おすすめ!

皮膚科の脱毛を紹介する女性

 

脱毛するなら、エステ(サロン)よりも断然おすすめなのが皮膚科や美容外科での医療脱毛。施術の効果が高いのが最大の特徴です。ただし、1回あたりの料金が高いのが唯一のデメリット。最終的に通う回数が少なくて済むので、エステよりもトータルの料金は安いですが、やっぱりリーズナブルな皮膚科や美容外科を探したいですよね。そこで、「ホスピちゃん」では、安い料金で脱毛できるおすすめの皮膚科や美容外科を紹介します。

 

皮膚科と美容外科の脱毛の違いについて

考える女性

毛深い女性は、無駄毛が多いことがコンプレックスになり、皮膚にはよくないと思っていても頻繁にカミソリや毛抜きで無駄毛の自己処理をしがちです。頻繁に無駄毛の自己処理をすると、肌荒れや黒ずみなどをおこしやすくなるので注意が必要です。
皮膚トラブルを解消するためには、できるだけ無駄毛の自己処理をしないことが大事ですが、それは難しいという人は、無駄毛の自己処理の時に保湿をしっかりおこなうことです。保湿をしっかりしていても皮膚トラブルがなくならないという人は、皮膚科や美容外科に通い脱毛をおこなうといいでしょう。

 

初めて脱毛をする人は、皮膚科に通うか美容外科に通うか迷いますが、違いをしっかり確認することが大事です。

皮膚科 皮膚科は、医療レーザーを使って脱毛をおこないます。

医療行為をおこなえるので、パワーの強いマシンを使用できます。
パワーの強いマシンだと、脱毛効果もとても高く、脱毛が完了するのもかなり早いです。
皮膚科は皮膚の状態に詳しい医師が施術をおこなうので、皮膚トラブルがあってもすぐに治療してくれるので安心です。
ただし皮膚科は、肌の病気を治療するのがメインなので、脱毛にはそれほど力をいれていない所も多いです。

美容外科 美容外科も皮膚科と同じように医療レーザーを使って施術をおこいます。

美容外科では美肌に関係する治療を主におこなっています。
脱毛の知識も豊富な医師が施術をおこなうので、無駄毛を無くすだけでなく美肌にもなれます。
キャンペーンなどでかなりリーズナブルな料金で、施術ができる美容外科も多いのでとても通いやすいのが特徴です。
最近は月額制を導入している美容外科も多いので、最初にまとまった費用を用意することなく毎月決まった費用だけで通えます。

皮膚科に通うか美容外科に通うか迷う場合は、脱毛技術だけでなくサービスの質やスタッフの接客態度の違いもじっくり比較して決めるといいでしょう。
ランキングサイトや口コミなどもじっくり比較して選んでください。

 

皮膚科の脱毛の一般的な効果と料金

女性の腕

脱毛サロンに通っている女性も多くいますが、なかなかムダ毛が減らずに悩んでいるという人も多いものです。手頃な料金で利用ができるものの、一年以上通っているのに効果を実感できずいつまで通えばいいのか迷ってしまうものです。完了させたと思っていても数年後にはまた生えてくる可能性もあり、永久脱毛をすることはできません。しかし、皮膚科で行われている脱毛施術なら、永久脱毛をすることもできるので完了すればムダ毛の悩みがなくなります。

 

皮膚科クリニックの中でも一般皮膚科ではなく美容皮膚科で行われている医療レーザー脱毛は、サロンでは受けることができない施術でもあります。二か月に一度程度のペースで肌にレーザーの光をあてるという方法で施術が行われます。レーザーは肌の表面を通過して毛根に作用させることができる光であり、一週間ほどたてば毛根から自然とムダ毛が抜け落ちていきます。さらに、毛根周辺にある毛が生えるための組織を壊すことができるので、抜けては生えることを繰り返している人の毛であっても次は毛を作ることができないので生えてこないという効果があります。ただし、毛が成長期に入ったときにレーザーが反応するため、体毛は同じタイミングで生えてくるものではないので時期をおいて再び施術を受けることを数回繰り返す必要があります。

 

皮膚科クリニックでの脱毛施術は、病院でありながらも自由診療でもあるので保険は適用外となります。そのために、クリニックによって施術料金は違ってきます。希望している部位ごとに受けることもできますが、まとめてお得な全身脱毛でも受けることが可能です。以前は高額な施術でもありましたが、近年では美容医学の発展により照射範囲が広くなったことによって短時間で施術ができるようになり、その分予算的にも手ごろになってきました。それでもサロンで受けるよりも一回当たりの予算は高いのですが、一回ごとに確実な効果を発揮して短期間で終了させることができるので、脱毛にかける予算をトータルで考えればそれほど高いものでもないでしょう。

 

皮膚科での脱毛の特徴

東京には数々の脱毛を施術できる施設が存在していて、実際に多くの方々が脱毛を体験している状態です。脱毛に関しては以前は自宅で処理を行っていた方でも、専用の施設を使う方法で、永久脱毛に近い状態を保つことができ、本人では手の届かない部位にまで施術でき、仕上がりも綺麗な肌を保つことができるので、人気の施設として注目されています。

 

一方で東京では一般的な脱毛サロンではなく、皮膚科という名前が付いている病院でも脱毛を行うことができます。皮膚科での脱毛の特徴というものがあり、有名な内容ではサロンでは施術することができないレーザーを採用した機器を用いていることを挙げられます。光式よりも効果が大きいとされていて、少ない回数で綺麗に処理できることになります。事前のカウンセリングを徹底していることも特徴です。用いる機器の説明や施術方法やリスクなど、細かい部分にまで説明が行われることも一般的です。皮膚科によっては全てが女性スタッフで構成されていることもあり、プライバシーを守るために完全個室として運営している病院が多いことも特徴です。基本は皮膚科になることから、万が一のトラブルにも直ぐに対応できることも特徴です。また、メイクルームなどを完備していることも多く、施術後にはそのままメイクを行って外出できるように配慮していることになります。

 

病院によって異なるプランの設定が見られますが、皮膚科の場合では細かい部位ごとに施術できる場合も多いことも特徴で、全身脱毛を必要としない方でも対応できる場合も多い傾向にあります。全体的には高い技術と高性能な機器を用いて施術を行っているので、東京では皮膚科でムダ毛の処理を行う方法で、長期的に綺麗な肌を保つことができるような病院が揃っていることも特徴です。同時に肌を守るために専用の薬などを用いる場面もあり、この点に関しても皮膚科の特徴として挙げることができ、常に利用者の安全に配慮している環境を保っています。

 

皮膚科の主な診療科目。こんな悩みがある人は皮膚科に

体の外側のあらゆる場所に症状が出たとき、私たちは皮膚科を受診しようとします。けれども「この部分の、この症状で行ってもいいのだろうか」と悩まれている方もおられることでしょう。

 

皮膚はもちろん、口の中や頭皮、爪、外陰部など、体の表面のかゆみや痛み、できものやあざ、しみで悩まれている方は、やはり皮膚科の受診をおすすめします。最近は、様々な診療科目を取り扱っているところが増えてきています。体中のあらゆる病気に起因する皮膚の症状もあるために、他の診療科と連携して診察をし、病気の早期発見に努めているのです。

 

例えば口内炎が出来た場合にも、歯科医院を受診すべきなのか迷う時があります。歯科を受診すると、塗り薬や内服薬を処方してもらえますが、口内炎には内臓疾患を起因とするものがあり、その場合、皮膚科では消化器内科などと連携して診察をしてくれます。また、できものと言っても様々なものがあり、膿を出して治まってしまうものもあれば、悪性腫瘍のものもあり、緊急を要することもあります。それから、肝臓に疾患のある方には、皮膚に強いかゆみを感じる方もおられます。症状と言っても様々で、一つひとつに丁寧に対応してくれます。

 

また、思春期には、ニキビに悩まれる方が多いです。「ニキビくらいで病院に行っていいのだろうか」と思われている方もおられます。しかし、ニキビも悪化すれば、痕になってしまって後々後悔してしまうことがあります。またニキビにも種類があり、治療法も異なりますので、やはり皮膚科受診をおすすめします。近年ではニキビ外来のある病院も増えてきています。また、ニキビの痕に対しても治療を行うところも増えています。

 

それから、昔の怪我や事故などで残ってしまった傷跡も、目立たなくさせることができる最新の治療も考案されています。特に女性は、傷跡のために心を痛め、夏になると薄手の服や半袖を着るのをためらってしまう方もおられます。受診するとまず傷のレベルを判断し、レーザーや軟膏の塗布で治療できるかどうかを判断されます。傷が深いと、美容皮膚科というところを紹介され、手術などの治療法を説明してくれます。また、カウンセリングやアフターケアまでしっかりと診てくれるところもあります。
このように、近年、皮膚の治療に対する診療科目は幅広く、細部に亘っています。一人で悩まず、専門的な治療を行っている病院を探し、医師へ積極的に相談することが重要です。